top161名の作成例ご依頼方法価格のご案内店舗紹介無料見積り・問合せ
特選角袖コート

一般呉服店で探しても非常に入手困難な牛首紬を、当店では専門に取り扱っております。
牛首紬は、今では東の結城紬、西の大島紬と並んで日本三大紬と言われることもあります。
日本三大紬は諸説あり、大島紬、結城紬以外には上田紬、塩沢紬などがありますが、牛首紬こそが日本三大紬であるという説もあります。いずれにしても、日本を代表する価値が高い紬として知られています。石川県白山市白峰地区で生産される牛首紬は、古くから伝統技術の手織りで作られます。別名「釘抜き紬」とも言われるほど生地が丈夫で、しなやかな風合いを持っています。
牛首紬反物(産地一般小売希望価格) 420,000(税別) のところ、男着物.com価格にてご提供!お問い合わせ下さい。

 男物・牛首紬無地 ・男物・牛首紬縞 ・男物・牛首紬白生地からの無地染め 
男物牛首紬の拡大画像

男物牛首紬の拡大画像

牛首紬って何?

牛首紬は、石川県の白山市白峰地区で生産される手織りの紬です。別名「釘抜き紬」と言われております。その理由は、紬でありながら釘が抜けるほど丈夫であるという意味です。一般的に紬の生地は、お召しやちりめんなどの織物に比べて生地が弱いのです。

例えば、着物好きな人ならよくご存知の通り、紬着物に紬八掛をつけた場合は、着用頻度が非常に多い場合、数年後に裾が切れてしまうことが良くあります。このような方の場合には、紬の着物であっても耐用年数を増すためにパレス(清華ちりめん)を使う場合があります。

牛首紬が紬であっても驚くほど生地が丈夫である理由は、横糸に玉繭と言われる特殊な糸を使っているからです。玉繭とは、お蚕さん2匹で一つの繭が作られる糸で、糸同士が複雑に絡み合っているので、引き出した糸も丈夫になるのです。縦糸には、生糸を使いますので真綿紬と異なり紬でありながら、牛首紬特有の光沢をもち、高級感があります。

現在、年間生産反数も手織りで限られるため、希少価値の高いものになっております。色無地や細い縞柄が大幅で織られているので、男物には最高級の織物の一つとして知られております。

男物牛首紬・魅力的な織物の理由とは?
「牛首紬を探していますが、気にいった反物がほとんどみあたりません・・・」というお客様のお声を時々耳にします。牛首紬を欲しいとご検討中のお客様は、かなりのこだわり派のお客様であることでしょう。価格はもちろん、反物を見る機会がめったにない牛首紬は、大島紬や結城紬よりも希少価値が高い面もあります。当店でお誂え牛首紬のメリットをここでご紹介いたします。

魅力その1「丈夫でしなやかな生地風」

牛首紬の生地は非常に丈夫なので、釘が抜けるほど強くてハリがあり別名「釘抜き紬」と言われています。見た目は、適度な光沢があり、高級な艶感を持っています。その生地を触ってみると、どんなに強くひねっても、びくともしないほど驚くほど丈夫なのが分かります。この丈夫さの理由は、牛首紬の横糸にあります。玉繭紬といって、お蚕さん2匹の糸で作った一つの繭から取り出した珍しい糸は、絡まり合い丈夫な生地風が出来上がります。

魅力その2「幅広い用途に向く生地の質感」

男物の紬というと様々な種類がありますが、素朴な絣柄の結城紬や亀甲柄が代表的な大島紬は高価なものでも普段着です。牛首紬は、フォーマルにも対応できるのが特徴です。特に輝く生地の高級感がよそ行きに相応しい雰囲気を持っています。
色無地と細縞の2種類が織られておりますので、色の組合せ方により結婚式の披露宴などの略礼装としても着ることができ、袴を組合わせるとより一層格式高い装いになります。
色無地や細縞の着物は男の普段着としても重宝し、さらによそ行きの場所にも着られる幅広い用途を持っています。

魅力その3「手織りで生産反数が限られる希少価値」

牛首紬は手織りで非常に手間が掛かるため、年間生産反数も限られます。
手織りの場合、織手が1日6時間織っても約30cmしか織れないのが実情です。
牛首紬という名前は知っていても、男物の牛首紬を見たことが無いという方が圧倒的に多いことでしょう。それだけに、希少価値が高い織物なのです。
結城紬や大島紬の高級品は、これまでお店で見た人が多いかもしれませんが、見ることすらできにくい牛首紬は、幻に近い織物である可能性があります。


牛首紬 無地 各10色のご紹介

bP茶系 bUグリーン系bQグレー系 bV茶グリーン系bR 紺系 bS 黒系 bX濃紺系bT藤グレー茶系 10黄土系

※実際のお色は、サンプル生地をご覧ください。
牛首紬 細縞 各10色のご紹介

bP白黒系 bU濃茶系bQ黒系 bV青紺系bRベージュ系 bW濃紺系bSグリーン系 bX黄土色系bT茶系 10紫系

※実際のお色は、サンプル生地をご覧ください。

牛首紬 白生地(加藤改石謹製)のご紹介

牛首紬 白生地(加藤改石謹製)の拡大画像

牛首紬は白生地から染めることもできます。男着物の無地染めは、当店では専門に承っておりますのでお好みの色でオリジナル牛首紬を作ることが可能です。
お値打ち価格でご提供しております。色見本も多数ございます。

牛首紬 価格のご案内

牛首紬(色無地)

商品名 内容 価格(税別) 当店販売価格(税別)
牛首紬・無地 反物
380,000 円
お問合せ下さい
裏地と仕立

手縫仕立+正絹通し裏

45,000 円
45,000 円

※ガード加工は別途6,000円(税別)となります。

牛首紬(細縞)

商品名 内容 価格(税別) 当店販売価格(税別)
牛首紬・細縞 反物
430,000 円
お問合せ下さい
裏地と仕立

手縫仕立+正絹通し裏

45,000 円
45,000 円

※ガード加工は別途6,000円(税別)となります。

牛首紬(白生地からの無地染め)

商品名 内容 価格(税別) 当店販売価格(税別)
白生地からの無地染め 染上り反物
380,000 円
お問合せ下さい
裏地と仕立

手縫仕立+正絹通し裏

45,000 円
45,000 円

※ガード加工は別途6,000円(税別)となります。
※白生地御奉仕品数反あり。

牛首紬 ご注文方法

牛首紬をお誂え希望の方は、まずはお電話か下記のメールフォームにてお問合せ下さい。
当店特別価格でも、お誂え仕立上がりで30万は超えますので、ご予算に余裕のある方は是非お問い合わせ下さいませ。
高額商品になりますので、お問合せ後のご相談はお電話でのご案内になります。
お客様のご意向をまずはヒヤリングさせて頂きます。お問合せ後のしつこい売り込みなどは一切ありません。

ご依頼内容の詳細をお伺いしてから、ご来店または通信販売で承ります。
通信販売の場合には、お電話でのお打合せが何度か必要になりますが、サンプル生地見本も無料発送させて頂きます。
現在、牛首紬のお誂えをご検討の方は、是非お気軽にお問合せ下さいませ。

ご来店予約・お問い合わせ

ご来店予約・お問い合わせ