top135名の作成例ご依頼方法価格のご案内店舗紹介無料見積り・問合せ
本型染め江戸小紋お誂え
大好評!伝統工芸師による江戸小紋のお誂え染め

当店では、反物からの染物を専門に承っておりますので、従来より江戸小紋の染めは、お客様よりご好評頂いておりました。
男性の江戸小紋の染めは、扱っている店も少ないため、ご興味のある方は 是非、当店にお問合せ下さいませ。サンプル見本の貸出も可能ですので、通販でも好評です。

本型江戸小紋染めとは何か?

遠目には無地に見え、近くで見ると繊細な柄が表現されているのが江戸小紋の柄です。伊勢の型紙で彫られ染職人の技により完成します。江戸小紋のルーツは、武士の裃にあります。
江戸時代、それぞれ裃の柄を見ればどこの藩に属しているか分かりました。これを定め柄と言い、徳川家の御召十、紀州藩の鮫小紋、前田家の菊菱、島津藩の大小あられなど藩により柄が決まっていました。

裃から引き継がれた江戸小紋の型染めは、現在東京で染屋さんが、わずか数件残っているだけです。着物の書籍の一部では、「男性の江戸小紋の染めは、絶滅寸前である」と、その希少性が掲載されています。
当店では、高度な伝統技を今に残す本物の江戸小紋染めをご紹介させて頂きます。

本型江江戸小紋・人気の柄(鮫小紋・毛万筋・行儀)

写真下左は、実際の裃で鮫小紋の柄になります。近くで見てもこれだけの存在感があります。本型染めは染め上りにも立体感があり、色柄の魅力に思わず引き込まれてしまいます。

右側は、行儀という柄で柄が45度の角度に見えることから、身体のしぐさに喩えて「行儀がいい」という意味からきています。どんな色も自由に染出しできます。

江戸小紋といえば、様々な柄がありますが、略礼装に代表的な柄は鮫小紋、行儀、角通しを江戸小紋三役といいます。写真でそれぞれの柄を見てみましょう。

本型江江戸小紋・人気の柄(鮫小紋・毛万筋・行儀)

江戸時代の裃で使われていた鮫小紋の柄で見てみると、染め上がりにも立体感があり、奥行きのある染めの魅力を感じます。行儀の柄は、柄が45度の角度に見えることから、身体のしぐさに喩えて「行儀がいい」という意味からきています。どんな色も自由に染め出しできます。

上記の江戸小紋三役に加え、毛万筋などの縞模様と、大小あられの柄を入れた5柄は江戸小紋五役といいます。毛万筋は、男性の着物では良く愛用され粋筋の着物として凝ったおしゃれを演出します。角通しは行儀と似ていますが、細かい正方形が縦横に細かく並びます。縦にも横にも筋を通すという意味があります。

本型江江戸小紋・人気の柄(鮫小紋・毛万筋・行儀)

江戸小紋・本型染め 廣瀬染め工場のご案内

当店の江戸小紋を染めて下さる職先の中でも、一流の技術を持つ廣瀬染工場をご紹介します。
東京都新宿区中落合にある染工場では、大正7年から本型染めによる江戸小紋を染めていらっしゃいます。
江戸小紋の型紙を4,000枚所蔵し、伝統技術で染め上げる「男の本格江戸小紋」をご紹介します。

最近では、四代目の廣瀬雄一さんが、KOMON HIROSEブランド設立。着物以外にストールや和傘などの江戸小紋染めで創作し、海外でも活躍しております。その模様はテレビ東京「ソロモン流」でも放映され、今話題の人になっております。

廣瀬染め工場・工場見学のご案内

廣瀬染め工場では、お誂え染を希望されるお客様には、工場内見学と和室での型紙選びをすることが出来ます。勉強会としての工場見学はお受けしていませんが、倉にある型紙をご覧になれたり、染上りの布地の色を見て色選びをすることができます。
廣瀬染工場の三代目の廣瀬安男さんが詳しく説明して下さいます。
工場見学の時は、男着物.com 店主の私が、ご同行ご案内させて頂きます。(現在工場が多忙のため、工場見学はお休みです。)

本型江江戸小紋・人気の柄(鮫小紋・毛万筋・行儀)

江戸小紋染めの技を伝えるのに、もっとも重要な役割を果たすのが型紙です。
伊勢の型紙職人によって彫られた伊勢型紙は、創業以来増え続け、コレクションともいえるほど膨大なものになります。
すでに何度も染出しし、使えなくなったものもありますが、型紙が今でも使えるものを選び染出しします。実際にご覧になると、その精緻な彫り技に驚かれることでしょう。

本型江江戸小紋・人気の柄(鮫小紋・毛万筋・行儀)

男着物.com お誂え江戸小紋の特徴

男着物.comでは、廣瀬安男さんのほか伝統工芸師による江戸小紋の染めを専門に承っております。

本型江戸小紋を よりお求めやすくご提供!

男着物.comでは、貴少な江戸小紋染めを少しでもお求めやすい価格でご提供したいと考えております。染め上りサンプル生地も、当店にあるもの以外に、廣瀬染め工場からのご協力可能です。

江戸小紋の型は、染工場に行かなくても、絵刷りという型紙をコピーした用紙にて見ることができます。
染色は無限にあります。無地染めを得意とする当店では、無地染めのサンプル生地も多数ございます。お好みにより、裏目引き染めでより立体感のある染めも表現できます。

1-68当店で染上がった江戸小紋

当店で染上がった江戸小紋の一例です。縫紋や、染抜き紋などの家紋を入れることも出来ます。男性物以外に、女性用にも勿論染出し可能です。

極毛万筋の染め上り例

毛万筋の柄は、着物以外に羽織にも向きます。柄が細かくなればなるだけ、全体の色は白っぽく感じられます。
お好みの色を出すのは、イメージを充分働かせるような想像力を要しますが、それだけに思い通りに染上がると、より楽しみが広がります。毛万筋の柄は、着物以外に羽織にも向きます。柄が細かくなればなるだけ、全体の色は白っぽく感じられます。
お好みの色を出すのは、イメージを充分働かせるような想像力を要しますが、それだけに思い通りに染上がると、より楽しみが広がります。

極毛万筋の染め上がり

極鮫小紋の染め上り例

極鮫小紋でも、このような墨色はもっとも難しい技術を要します。染めの型継ぎの後を修正する地直しが大変だからです。
極鮫小紋を希望される方で、裄が2尺(76cm)以上の方は特別幅広反物で染めます。特別に注文したものでないと、この幅の生地はありません。

●極鮫小紋拡大図● 反物幅1尺1寸2分もあります。

鮫小紋は格式高い柄行で略礼装になります。大幅の白生地から染め落款が入ります。
後世に残る伝統工芸品は、表生地と同系色の裏生地を染めて入念に仕立します。出来上がりの仕上がりも見事です。

● 綺麗に仕立上がった大幅鮫小紋 ● 本物は色の極みが違います。
江戸小紋お誂えができるまで
江戸小紋染めの流れ

江戸小紋お誂えができるまで

■ お客様のご希望により型紙の種類によっては、ご注文の際に工場見学を兼ねて東京の伝統工芸師で各種型紙をご覧頂くこともできます。
■ 重要無形文化財(人間国宝)の方の作品も取り扱っております。 お客様のご希望をどうぞお問合せ下さいませ
江戸小紋染め・各種価格
江戸小紋の着物は大きく分けて、白生地から型染めして染める本型染めと、機械捺染めの二つがあります。
両方とも扱っておりますが、まずは機械捺染の江戸小紋をご紹介します。
本型染めの江戸小紋については、別コーナーからご覧ください。
鮫小紋染め・お誂え価格(1尺5分幅の白生地720g)
商品名 価格(税別)
本型染め・鮫小紋
159,000 円
 もっとも人気のある男の江戸小紋染め(袷胴裏・八掛付き)お誂え
江戸小紋染め・行儀・お誂え価格
商品名 価格(税別)
本型染め・行儀
188,000 円
 ベーシックな江戸小紋染め ・行儀(袷胴裏・八掛付き)お誂え仕立

極型・江戸小紋染め・反物価格
商品名 価格(税別)
本型染め・極鮫小紋
198,000 円
本型染め・極毛万筋
198,000 円
本型染め・極角通し
198,000 円
 胴裏・八掛お仕立で45,000円(税別)加算となります。

江戸小紋染め・特殊極物・反物価格
商品名 価格(税別)
本型染め・特殊型紙 A
228,000円
本型染め・特殊型紙 B
238,000円〜
特殊型を使った伝統工芸品は、その型によって微妙に価格が違います。お求めする江戸小紋の柄によってお見積もり致します。通常価格よりお求め安い価格でとても喜ばれております。
付属品・その他の価格
商品名 価格(税別)
ガード加工
5,000 円
縫紋
10,000 円
裄2尺以上の方
18,000円割増
 その他、ご相談はお気軽にお知らせ下さいませ。
ご来店予約・お問い合わせ ご来店予約・お問い合わせ